チンチラ!!野生動部との保護とワシントン条約

チンチラという生き物はネズミの仲間であり、銀灰色の毛皮を保有しているのが特徴です。また、この生き物はペットとしても人気が高く、多くの人がペットとしてこの生き物を飼育しています。特にチンチラの毛皮は有名で、その特徴として差毛がないということが挙げることができます。そのため非常に柔らかいのですが、その反面耐久力が低いという特徴があります。その触り心地の良さから、マフラー等の首周りに使用されることが多い動物でもあるのですが、現在出回っているチンチラの毛皮は人工的に繁殖されたものであり、野生のものではありません。というのも、絶滅の恐れがある動物の保護を目的としたワシントン条約によってチンチラは保護されているからです。このワシントン条約は商業取引によって乱獲され絶滅の可能性が存在する恐れがある動物の保護に関しての条約です。そのため、その毛皮に非常に大きな価値が存在しているチンチラは、この条約によって保護されることとなったのです。