毛皮の素材は意外と多い

毛皮は女性の間でも特に人気ですが、毛皮の素材には意外と多くの動物の毛が使われています。 良く知られているものは、フォックスと呼ばれるキツネの毛ですが、同じキツネでも、色によって価格や希少価値は変わります。中には真っ赤なファイヤーフォックスと呼ばれるものもあります。羊の毛皮はラムと呼ばれており、こちらも場所や種類で名前がついています。 そして、チンチラという動物の毛皮は素材の中でも最高価とも言われていますが、現在は養殖のものを使用しています。同じように高価なもので言うと、ミンクがあり、光沢の美しさや保温の高さで知られています。イタチやテンのような種類は、高価なものが多いです。珍しいものでは、アライグマやリス、レオパード、オオヤマネコの毛皮もあります。 素材によって毛皮は見た目や肌触り、機能や値段が違いますので、必ず直接見て、触れて購入するべきです。素材をよく吟味して選ぶことが大切ですが、種類を知っておくことも大切なことです。